学部・学科 看護学部

ホスピタリティ教育

看護専門職の基本要件であるホスピタリティを、大学生活の中のさまざまな場面で感じ考えながら、自分自身のホスピタリティを発見していきます。

h-kango.jpg

西武文理大学看護学部には、キャンパスでの学習・日常生活のいろいろなところにホスピタリティを学ぶ環境と機会があります。 ゼミナールや演習グループは、少人数なので、教員との距離も近く、人間性豊かな教員たちが、一人ひとりの学生にホスピタリティに富んだかかわりをします。このようにホスピタリティあふれる経験を積み重ねることにより、学生は自然とホスピタリティの意味と意義を学んでいきます。
 サービス経営学部との合同授業では、広く社会に通じるホスピタリティをともに学びます。この学びをさらに看護学の学びに引き寄せ、専門科目の講義や演習、そして実習を通して、保健医療におけるホスピタリティの意義と特性について理解を深めます。
 看護学部で学ぶ中、自然に身についたホスピタリティマインドは、日常生活ではあいさつやマナーとなり実践され、さらに看護実践の中では、対象者とのかかわりや関係性の積み重ねを通して、自分らしいホスピタリティの実践に発展していきます。

 

ホスピタリティ論

医療従事者には、人間を深く理解する力と一人ひとりにあわせて対応する力が求められます。本科目では、ホスピタリティはなぜ重要なのか、ホスピタリティマインドと社会に適応できるコミュニケーション能力について実際の行動表現を通して学びます。

看護とホスピタリティⅠ・Ⅱ

1年次開講の看護とホスピタリティⅠでは、観察を通して、社会生活や看護活動におけるホスピタリティの意義をグループで考えます。4年次開講の看護とホスピタリティⅡでは、4年間の学びをもとに、自分の看護実践を支えているホスピタリティを自らの言葉で表現します。

患者学

病気や障がいをもった生活の当事者である患者や家族などを講師に迎えます。病を抱える当事者の内省の言葉、病みの軌跡、医療者とのかかわり、今ある自身の心についてのお話を聞き、看護専門職者としての初学的な学修をします。

基礎ゼミナール

入学直後から、少人数のゼミに分かれ、ナイチンゲールの著書『看護覚え書』をていねいに読み解き、レジュメをつくりあげ発表を行います。大学で主体的に学ぶための方法や他者の意見を聞くこと、相手の意見を引き出すこと、自分の考えが伝わる話し方などを身につけるだけでなく、人間関係を築く場にもなります。

宣誓式(3年次春)

h-kango1.jpg h-kango2.jpg h-kango3.jpg

本格的な臨地実習に臨む3年生が、看護専門職を志す者として、これまでの学修を振り返り、自らの心を見つめなおし、将来に向けての自分の意志や目標を新たに決意し、宣誓する式典です。

■看護学部徽章の意味

宣誓式での誓いをうけて、臨地実習での学修に臨むだけの能力を修得したことを、大学が認定する徽章を授与します。徽章(右の写真)は、本学のシンボルマークの「熊」がデザインされており、さまざまな方との出会いの中で、悩みながらも「忍耐強く」看護の対象となる方のために最善の努力をしていく意志を表しています。