学部・学科 看護学部

臨地での看護学実習

4年間の段階的な実習を通して、全人的に対象者を捉える力、相手の立場に立ってホスピタリティを発揮する力、根拠に基づいた判断力と状況に応じた看護実践能力を身につけます。

1年次:対象者に寄り添い、しっかりと見つめ、関係性を形成する。

kango_j2.jpg kango_j1.jpg
 
基礎看護実習では、対象者に寄り添い人間関係を形成する中で、対象者を生活者として理解することを目的としています。また、入院や病気によって対象者の生活がどのように変化し、どのような援助ができるのかを、教員や臨床指導者の助言を受けながら学びます。
 
【1年次後期】基礎看護実習

 

2年次:全人的なアセスメントから、最適な看護ケアを実施する。

kango_j4.jpg kango_j3.jpg

看護援助実習では、対象者を身体的、精神的、社会的な側面から全人的に捉え、看護ケアの必要性の根拠を明らかにしながら判断し、安全・安楽・自律性を尊重した看護ケアを計画します。また、教員や臨床指導者と一緒に実施し、その結果を評価し、次のケアにつなげていきます。
 
【2年次後期】看護援助実習

 

3年次:実習で既習の知識・技術を統合し、さまざまな健康レベルと生活状況にある人への看護支援を通して、看護実践能力を身につける。

kango_j5.jpg kango_j6.jpg

kango_j7.jpg kango_j8.jpg

各看護専門領域の実習は、1領域2~3週間、各施設で行います。この実習では、多様な成長発達・健康レベル、さまざまな生活の場にある対象者、集団の特徴や健康状態、生活状況を根拠をもって判断し、それらに基づいて看護ケアを実践します。在宅看護学実習では、訪問看護師と対象者の自宅に訪問して看護実践を行い、訪問後はステーションに戻り、その日の報告と今後の看護について検討を行います。成人看護学実習Ⅱでは、手術を受ける患者を担当し、手術前後の状態の把握と、状態に応じた看護実践を指導を受けながら行います。
 
【3年次】
前期:小児・成人・母性・老年看護学実習
後期:小児・成人・母性・老年・精神・在宅・公衆衛生看護学実習

 

4年次:対象者と家族の望ましい療養生活の実現に向けた、看護専門職の役割と機能を探究する。

kango_j9.jpg kango_j10.jpg

療養支援看護実習では、対象者の退院後の療養生活に必要な支援を入院時から考えます。また、対象者の療養生活を支援する多職種協働チームの中での連携と協働の在り方、看護専門職の役割と機能を学びます。左の写真は、学生と現場の看護師が、対象者の退院に向けて必要な支援を協議している場面です。
 
【4年次】
前期:公衆衛生看護学実習Ⅱ
後期:療養支援看護実習、総合実習

 

実習先施設紹介

多様な現場で学びと視野を広げます。

本学看護学部では、埼玉県や東京都内の保健医療福祉機関に協力を得て実習を行っています。各実習目的に応じて、それらに相応しい学習が可能な実習施設の開拓につねに努めています。多様な施設で実習を行うことにより、学生はさまざまな保健医療の理念や活動、多様な対象者と出会うことができ、保健医療に対する学びと視野を広げていきます。

【埼玉県】

埼玉石心会病院/埼玉医科大学国際医療センター/埼玉医科大学総合医療センター/赤心堂病院/
愛和病院/霞ヶ関南病院/川口市立医療センター/医療生協さいたま/山王クリニック/
県内の各保健所や保健センター/地域包括支援センター/子育て支援センター・保育園 など
 

【東京都】

公立福生病院/順天堂大学医学部附属 練馬病院/東海大学医学部付属八王子病院/
東京医科大学病院/東京医科大学 八王子医療センター/杏林大学医学部付属病院/
日本大学医学部附属板橋病院/多摩北部医療センター/東京警察病院/
恩方病院/多摩あおば病院/長谷川病院/各訪問看護ステーション など