学部・学科 看護学部

キャリアサポート

教職員が一体となったきめ細かなキャリアサポート

教員とキャリアサポートセンターが連携して、学びと進路を結びつけたキャリアビジョンの形成に向けて就職支援をサポートしています。また、本学看護学部では看護学の専門的教育と並行して、「看護観」と同様に「職業観」を養う教育を大切にしています。そのため、1年次から計画的に「職業観」を育成し、看護師や保健師の資格を得て、社会からどのような役割を期待されているのか、自分はどのような価値を提供するかなどキャリアビジョンの形成に努めています。

■キャリア教育講座

2016年2月18日、4年生を対象としたキャリア教育講座では、本学卒業生3名を講師にお招きし、1年目の仕事内容と学習への取り組み方や、休日の過ごし方などについてお話しいただきました。卒業を控えた4年生には、まだ想像できないこれからの自身の専門職者としての将来像が少しイメージできたと思います。

c-kango.jpg

■ キャリア支援講座

2015年8月6日、3年次の夏休み前に行うキャリア支援講座では、内定を得た4年生の先輩2名と卒業生2名から、就職活動の実際について講演いただきました。病院選びでは何を重視したか、病院への連絡の仕方、インターンシップへの参加の仕方など、夏休みからの就職活動に向けての実践的な学びを得ました。

c-kango1.jpg

■ 学生キャリア開発委員会

1年生から学生キャリア開発委員会のメンバーとして、3年間活動しています。各種講座の企画や運営のなかでは、後輩たちへの指導も含めて大変なことも多いのですが、この活動を通じて、先生や仲間とともに講座を作りあげていくことにより、看護で必要なメンバーシップやリーダーシップが身についてきていると実感しています。

c-kango2.jpg
 

就職支援講座Ⅱ(1部:就職ガイダンス、2部:各施設からの1分間PRスピーチ、病院説明会)

2016年3月7日に1~3年生を対象とした就職支援講座Ⅲを2部構成で開催しました。1部では本学キャリアサポートセンターによる就職ガイダンスにおいて、採用試験の基本対策と模擬面接を取り入れた面接のポイントや小論文、履歴書の書き方などについての説明を行いました。2部では日頃から本学の教育指導にご協力いただいている32施設(約80名)の方々にお越しいただき、各施設の方々から学生に対して、1分間PRスピーチとして各施設のアピールポイントをお話いただきました。学生たちは各施設のアピールポイントを知ったうえで、各施設のブースを回る病院説明会に移行し、自らの就職に向けた病院選びを真剣に考える機会となりました。

c-kango5.jpg c-kango4.jpg

 

卒業生の主な就職先

■ 看護師

東京大学医学部附属病院、東北大学病院、国立病院機構 西埼玉中央病院、公立福生病院、
埼玉県立小児医療センター、埼玉県立がんセンター、東京都立多摩総合医療センター、
東京都立小児総合医療センター、さいたま赤十字病院、
さいたま市立病院、横浜市立市民病院、 日野市立病院、
横浜市立大学附属市民総合医療センター、聖路加国際病院、
東京医科大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、
東京女子医科大学病院、順天堂大学医学部附属 練馬病院、
埼玉医科大学国際医療センター、
東海大学医学部付属八王子病院、東京医科大学 八王子医療センター、
愛知医科大学病院、埼玉石心会病院、
医療生協さいたま生活協同組合 埼玉協同病院、恩方病院、東京武蔵野病院、長谷川病院 他多数

■ 保健師

埼玉県さいたま市 桜区役所、埼玉県入間郡越生町役場、埼玉県入間郡毛呂山町役場、
東京都中野区役所、東京都八王子市役所