学部・学科 看護学部

学部の特色

看護学科

ホスピタリティ力を身につけ、人々に寄り添い、しなやかな人間性と優れた判断能力と看護実践能力を身につけた、看護のプロフェッショナルを育成します。

t-kango1.jpg t-kango2.jpg t-kango3.jpg

 

学部長メッセージ

看護の本質を見極め、看護の価値を追求する。

 看護という行為は、生きることが未熟な人や、病を抱えたり傷ついた人に対して、見守り育てたり、養ったり、癒したりする行為を指します。つまり看護学は、人間が一生のうちで直面する病や大きな出来事に遭遇した時に、人々に寄り添い、死のその瞬間までその人がその人らしく生きていくことができるように、心身の健康、生活行動面における日常生活支援に必要な看護の知識や技術について探求する学問です。看護はこの生活行動支援を通して、人間が本来有している自然治癒力が発揮できる状態を創り出すことにより、人々の命を守り、人間の生きるということを支えていきます。ここに看護の本質があり、看護の存在価値があります。
 西武文理大学看護学部では、この看護の本質をしっかりと見極め、ホスピタリティ力を発揮しながら、病や人生の重大な出来事に遭遇している人に寄り添い、その人の気持ちを読み取り感じ取る能力を身につけることを教育の主眼にしています。その上で、心身の健康状態とそれが日常生活行動にどのような影響を及ぼしているのかを判断し、日常の細々とした生活行動の一つひとつを整えることにより、人間が持っている自然治癒力を十分に発揮できる状態を創り出すのに必要な看護の知識や技術を学びます。4年間の看護基礎教育の中で、看護の本質と存在価値をしっかりと見つめ追求する力を身につけておくことで、卒業後においてもいかなる内外の環境の変化の中にあっても、看護の本質と存在価値を追求し、目指す目標に向け、希望を持ち続けながら看護ケアを創造していく看護職者を育成したいと考えています。
 現代社会のように人々の健康問題も複雑・多様化し、健康的に生きていくことが困難な時代であるからこそ、より良く生きることや癒しが求められ、人間の持っている潜在的な自然治癒力に働きかける看護学の貢献と探究がますます求められています。人々の健康生活の実現に向けて、今後貢献が期待される看護学を、西武文理大学で私たちと一緒に学び、やりがいのある有意義なキャリアを探究してください。

看護学部 学部長・教授 小寺 栄子
 

t-kango.jpg

アドミッション・ポリシー(入学受入れの方針)

看護学部では、ホスピタリティ教育を基盤に豊かな人間性を育み、専門的な知識と技術に裏付けられた的確な判断力と問題解決能力を身につけます。そして、社会の多様なニーズを鋭敏に察知し、保健医療福祉分野の課題に積極的に取り組み、人々の健康生活の向上と看護学の発展に貢献することのできる看護者の育成を目指しています。したがって、看護学部では、次のような人材を求めています。

1. 人間や社会に対して興味と関心をもっている人
2. 相手の立場に立って物事を考え、他者を尊重できる人
3. 物事に主体的かつ積極的に取り組む姿勢をもつ人
4. 看護学を学ぶ上で必要な基礎学力と論理的な思考力をもつ人

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーに挙げた教育目標を達成するために、①ホスピタリティ能力に基づいた豊かな教養を身につけ、総合的かつ自主的な判断能力を育成するための「教養科目」、②個人・家族・集団・地域の理解、人間の健康と健康生活の理解及び人間の心と体についての基礎知識を学ぶ「専門基礎科目」、そして、③看護実践に必要な専門知識・技術を学ぶ「専門科目」と、④それらを総合的に統合する能力を養う「統合科目」によって教育課程を構成している。

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

所定の期間在学し、卒業要件単位を修得し、以下の能力を有する者に学士(看護学)の学位を授与します。

1. ホスピタリティ能力を基盤として豊かな人間性を有する。
2. 人間としての尊厳と権利を擁護する能力を有する。
3. 人間を身体的、心理的、社会的存在として総合的に理解する能力を有する。
4. 看護実践に必要な専門的知識、技術、態度を修得し、個人及び集団の健康上の課題を適切に解決する能力を有する。
5. 対象者とその家族、地域住民などの多様な背景をもつ人々と信頼関係を築き、発展させる能力を有する。
6. 保健医療福祉チームの中での自律性を育むとともに、対象者とその家族、地域住民および他の専門職と協働する能力を有する。
7. 国際的な視野で保健医療福祉分野の課題解決のために国内外の保健医療従事者と相互交流や協働を行う必要性を理解している。
8. 専門職として主体的に自己研鑽につとめ、看護職が担うべき役割を追求する姿勢を有する。