NEWS

2018.08.06
サヤマdeシネマvol.2の公式ホームページを開設しました。
応募フォーム「サヤマdeシネマvol.2」が公開されました。
詳細はこちらをご覧ください。
 


2017.08.22
応募フォーム「サヤマdeシネマvol.1に行こう!」を公開しました。


2017.08.22
サヤマdeシネマvol.1の公式ホームページを開設しました。


"サヤマdeシネマ"とは?

 

サヤマdeシネマは東京国際映画祭にインターンとして
参加させていただいた西武文理大学の学生が
"私たちの東京国際映画祭を狭山で作りたい!"
という一言からはじまりました。
映画を観た誰もが、目を閉じれば脳裏に浮かぶ
ワンシーンがあったり、感じとった想いを誰かと
話したくなったり、自分や周りに変化をもたらす
"映画の力"を感じると思います。

私たちは作品と来てくださるお客様との架け橋となって、
そこから生まれる新たな価値を社会に向け発信していきたいと考えています。

皆さん、私たちと一緒に-Pensées-の旅に出かけませんか?

※2017年9月24日に上映された内容です。2018年の内容はこちらをご覧ください。

神様の思し召し
God Willing

開場/12:30~ 開演/13:00~上映/13:30~
心臓外科医のトンマーゾは医師としては天才だが、傲慢で毒舌で周りからはケムたがられていた。頭脳明晰な長男が医学の道を継ぐことを望んでいたが、あろうことか医大生の息子が「神父になりたい」と宣言!息子が今人気のピエトロ神父に”洗脳”されているとニラんだのだが…
目に見えるものだけ信じる医師、見えないものこそ信じる神父。真逆のふたりの対決とそこから生まれたものとはー?

 
 

ヒトラーの忘れもの
LAND OF MINE

開場/15:30~ 開演/16:00~上映/16:30~
第二次大戦後のデンマークで、戦時中のドイツ軍が埋めた200万個以上の地雷を撤去したのは、異国に置き去られたドイツの少年兵だった。死と背中合わせの中、少年たちは祖国に帰る日を夢みて過酷な任務に取り組むが、地雷の暴発によりひとり、またひとりと命を落としていく。デンマーク国内でも知られることのなかった残酷な史実。ナチスを激しく憎むラスムスン軍曹と少年たちとの”真実の物語”。

 
 
※各作品とも上映前に30分のトークセッションあり。また、全席自由席・各回完全入れ替え制になります。
 

矢田部吉彦(やたべ・よしひこ)

フランス・パリ生まれスイス育ち、日本興業銀行(みずほ銀行)に勤務。退職後、映画の配給、宣伝を手がける一方、ドキュメンタリー映画のプロデューサー及びフランス映画祭の運営に携わる。
その後、東京国際映画祭に入り、上映作品の選定を行う作品部の統括を担当。同時に「日本映画・ある視点」部門のプログラミング・ディレクターも務める。映画祭の生え抜きスタッフとして、2007年から「コンペティション」部門のプログラミング・ディレクターに就任。

〒350-1305 
埼玉県狭山市入間川2-33-1

電車でお越しの場合

 
西武新宿線「狭山市駅」より約700m 
西口を出て、右手の道(下り坂)を徒歩約8分。
 
※狭山市市民会館の駐車場は利用できません。
公共交通機関のご利用いただきますようお願い致します。
 

ご来場の皆様へ


〔ホール内・上映中に関するお願い〕
・ホール内の飲食は禁止とさせていただきます。
・上映中、スマートフォン及び携帯電話の電源はお切りいただきますようお願い致します。また、会場内に録音、録画、複写に使用する機材(カメラ、レコーダー、ビデオ等、録音機器)及び酒類、危険物等を持ち込むことはできません。
・おタバコは指定のスペース内でのみお願い致します。
 
 
 
 
vol.2の申込方法はこちらをご覧ください。
 
 
 
ハガキでの応募方法
官製はがきに必要事項を記入の上
下記宛先までお送りください。
【必要事項
①氏名(フルネーム) ②年齢
③住所 ④電話番号 ⑤希望する作品名
 
※はがき1枚で両作品希望可
ただし、各作品での抽選となりますので
ご了承ください。

 

西武文理大学

埼玉県狭山市柏原新田311-1
TEL:04-2954-7575(代) 

 

共催

 

狭山市


後援

公益財団法人ユニジャパン
(第30回東京国際映画祭)

 

公益財団法人日伊協会


 

支援イベント

日本・デンマーク百五十周年
記念年活動