学部・学科 サービス経営学部

サービス経営学科 グローバル経済コース

日本のサービス業は、観光に加え外食やサブカルチャーなども世界へ向けて「輸出」される時代。一方、グローバル化を担う都市や地域をデザインし支える人材も欠かせません。本コースでは2つのサブコースで、理論と体験学修を通じてグローバル人材を育成します。

サブコース

グローバル経済

サービスのグローバル化に対応できる人材を育成。

「和食」や小売、金融などでの海外進出に加え、訪日観光客が日本経済での重要性を高めるなど、日本のサービス業はグローバル化を強めています。本コースではグローバル化するサービスの世界で活躍する人材を育てます。


【授業PICK UP】

グローバル経済総論
経済のグローバル化は貿易などから私たちの生活を豊かにする可能性がある一方、強い国と弱い国それぞれの国民の格差を助長しかねない「両刃の剣」でもあります。授業では、グローバル化の諸相からその功罪を学びます。

経済体制論
先進国とされる日本やアメリカ、ヨーロッパ、中国やベトナムのように高い成長を見せる国がある一方、独裁や内戦などで貧困に苦しむ国もあります。このような発展の違いを、歴史・文化的経緯も含めて考えていきます。
 

目標とする資格

実用英語技能検定準1級/TOEIC®(800点)/TOEFL iBT®(90点)/IELTS(6.5)/通関士 など

将来の進路イメージ

金融機関(銀行・証券・保険)/商社/貿易/海運 など

都市・地域経済

元気なまちづくりに挑戦する人材を育成。

人が住み、企業が立地する都市・地域はそれ自体がサービスを生産する場です。本コースでは、その開発・発展に加え、交通や通信などの公共サービスの充実や行政サービスなどを通じて、その魅力を高めていく方法を学びます。

【授業PICK UP】

ネットワーク産業論
鉄道や航空などの交通や、郵便、電話などの通信といった経済を支える基盤はインフラとも呼ばれています。ネットワークによって提供されるこれらのサービスを学び、政府や規制との関係とあわせて質の高いサービスのあり方などを考えます。

不動産論
企業の経営資源でもある不動産について、不動産事業の役割と状況、都市や住宅の開発や賃貸など具体的な業務内容を知り、それが利益を生むビジネスの仕組みを経営的・社会制度的な観点から学びます。
 

目標とする資格

地方公務員試験上級/行政書士/中小企業診断士/宅地建物取引士 など

将来の進路イメージ

官公庁/鉄道会社/公益事業(電気・ガス等)/不動産/通信 など