学部・学科 サービス経営学部

サービス経営学科 グローバル経済コース

日本のサービス業は、観光に加え外食やサブカルチャーなども世界へ向けて「輸出」される時代です。一方、グローバル化を担う都市や地域をデザインし支える人材も欠かせません。本コースでは理論と体験学修を通じてグローバルな人材を育成します。

サブコース

グローバル経済

サービスのグローバル化に対応できる人材を育成する。

和食や小売、金融などでの海外進出に加え、訪日観光客が日本経済に大きな影響を与えています。今後もグローバル化の加速が予想される日本のサービス業において、グローバルな舞台で活躍できる人材を育てます。


【授業PICK UP】

グローバル経済総論
米国の新政権の誕生、仮想通貨の急騰、移民・難民や訪日外国人の急増など、これら世界の変動のダイナミズムは経済のグローバル化の結果でもあり原因でもあります。世界への関心を高め、グローバル経済を学修する基礎力を養います。

経済体制論
先進国とされる日本やアメリカ、ヨーロッパ、中国やベトナムのように高い成長を見せる国がある一方、独裁や内戦などで貧困に苦しむ国もあります。このような発展の違いを、歴史・文化的経緯も含めて考えていきます。
 

目標とする資格

実用英語技能検定準1級/TOEIC®(800点)/TOEFL iBT®(90点)/IELTS(6.5)/通関士 など

将来の進路イメージ

金融機関(銀行・証券・保険)/商社 など

都市・地域経済

元気なまちづくりに挑戦する人材を育成する。

人が住み、企業が立地する都市・地域はそれ自体がサービスを生産する場です。本コースでは、サービスの開発や発展に加え、公共サービスの充実や行政サービスなどを通じて、地域の魅力を高めていく方法を学びます。

【授業PICK UP】

ネットワーク産業論
サービス産業のうち、「政府」部門との関係が強く、ホスピタリティだけでは捉えられない、鉄道やエアラインなどの交通や、電話(電気通信)など「ネットワーク」に依拠する産業を経済学の観点から分析します。

不動産論
企業の経営資源でもある不動産について、不動産事業の役割と状況、都市や住宅の開発や賃貸など具体的な業務内容を知り、それが利益を生むビジネスの仕組みを経営的・社会制度的な観点から学びます。
 

目標とする資格

地方公務員試験上級/行政書士/中小企業診断士/宅地建物取引士 など

将来の進路イメージ

鉄道会社/公益事業(電気・ガス等)/不動産 など