トップページ
プログラムの概要
教員・スタッフ
活動報告
お知らせ
お問い合わせ
アクセス
リンク

西武文理大学ホーム

活動報告
 

最終報告会


サービス・イノベーション シンポジウム


 

中間報告会


   

学生アンケート調査

  • 2008年1月に実施
  • 「働くこと」に関する学生の意識調査

企業アンケート調査

[第1回]

  • 2008年3月~5月に実施
  • 対象:10,500社

[第2回]

  • 2008年7月に実施
  • 対象:1,500社(追加実施)

国内調査

  • 2007年12月~(継続中) 
  • 対象:国内27企業(2008年8月現在)
  • 目的:広義のサービス業の実態把握,事例調査

海外調査

 

  • [第1回]2008年2月実施、[第2回]2008年9月実施
  • 対象:海外企業,大学等(7ヶ国)
  • 目的:米国・ヨーロッパにおける広義のサービス業の実態把握

サービス・イノベーション研究会

 [平成19年度 第1回]

  • テーマ:『サービス業におけるイノベーションの事例紹介
          ~中食業界におけるマーケティング戦略とそのビジネスモデル』
  • 講師:法政大学 教授 小川孔輔 氏
    委員:名古屋商科大学 教授 宮副謙司 氏
    委員:東京大学大学院 教授 松原隆一郎 氏
  • 日時:2008年1月29日
  • 場所:メトロポリタンプラザ(池袋)

 [平成19年度 第2回]

  • テーマ:『ホテル経営総論』
  • 講師:帝京大学 教授 岡本伸之 氏 (立教大学名誉教授)
  • 日時:2008年3月21日
  • 場所:アルカディア市ヶ谷

 [平成19年度 第3回]

  • 講師:パークホテル東京 会長 石原 直 氏(NPO法人 旅行他電子商取引推進機構 理事長)
  • 日時:2008年3月24日
  • 場所:パークホテル東京

 [平成20年度 第1回]

  • 講師:流通科学大学 名誉教授 作古貞義 氏(観光振興懇話会会長)
  • 日時:2009年1月21日
  • 場所:メトロポリタンプラザ(池袋)

 [平成20年度 第2回]

  • 講師:きわむ元気塾 塾長 横川 竟 氏(元すかいらーくCEO)
  • 日時:2009年1月23日
  • 場所:メトロポリタンプラザ(池袋)

ケースメソッド教授法導入に関する講習会

 [全7回]

  • 講師:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科
         特別研究講師 竹内伸一 氏(※の回を除く)
  • 日時:2008年6月12日(※),6月26日,7月24日,8月7日,10月2日(※),10月30日,11月27日

ケースメソッド教育普及への取組み

 [事例報告]

   
戻る
研究成果

文部科学省委託事業
「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」にかかる本学での取り組み
 (中間報告会での報告概要)  

  水野由香里, 2009, 西武文理大学研究紀要 第14号


平成19年度・20年度 文部科学省委託事業
「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」
(現・産学連携による実践型人材育成事業 -サービス・イノベーション人材育成-)
中間報告書

  西武文理大学 サービス経営学部, 2009年3月23日発行


平成19年度・20年度 文部科学省委託事業
「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」
(現・産学連携による実践型人材育成事業 -サービス・イノベーション人材育成-)
中間報告書 【別冊】

  西武文理大学 サービス経営学部, 2009年3月23日発行


文部科学省委託事業
「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」にかかる平成19年度活動・成果報告

  水野由香里・柏木孝之, 2008, 西武文理大学研究紀要 第12号


サービス産業の「生産性」の計測について

  松澤祐介, 2008, 西武文理大学研究紀要 第12号


「サービス・イノベーションによる生産性向上」にかかる研究ノート

  水野由香里, 2008, 西武文理大学研究紀要 第12号


サービス業におけるイノベーションを促進/阻害する組織的要因の考察

  水野由香里, 2008, 日本経営学会第82回大会 報告要旨集


サービス・プロダクト・イノベーションを誘発する組織的要因の考察

  水野由香里・内原 綾, 2008, 西武文理大学研究紀要 第13号


ケースメソッド教授法導入に関する中間報告

  水野由香里, 2008, 西武文理大学研究紀要 第13号


ケースメソッド教育方法を導入する際の学部生教育効果の検討

  水野由香里, 2008, 西武文理大学研究紀要 第13号


戻る