入間川七夕まつり の由来

入間川七夕祭りは狭山の夏の風物詩です。七夕祭りの歴史は古く、祭り自体は江戸時代にすでに行われていたようです。それは、お盆に農家などが笹竹に短冊を飾り、自分たちの先祖に五穀豊穣や家族の無病息災を願うための祭りでした。農家にとっての恵みの雨を降らせるため、雨乞い祭りとも言われていたようです。大正から昭和の時代には、商店街の夏の夕涼みのような形で、毎年8月6,7日に竹飾りを出していたようです。

この祭りが七夕の祭りとなったのは、戦後に連合国軍に接収され米軍基地となっていた、現在の航空自衛隊入間基地との関わりがあります。祭りは終戦の年、昭和20年(1945年)には中止されていたのですが、入間の軍事基地に来たマッカーサー元帥が日本の七夕行事に関心を持ったことから七夕祭りとして復活したのでした。以来、今に続く七夕祭りの形が出来上がったといいます。戦後復興の中、短冊主体の竹飾りはその時々の世相を反映し、作り手である商店街の人たちの思いを乗せた工夫ある飾りへと進化していきました。

高度成長期(1950年代半ば~1973年)のころには飾りも巨大化し、それを吊るし支える土台として「やらい」の構造が考案されました。とび職の人が発案したという「やらい」は今なお入間川七夕祭りの特徴の一つとして受け継がれています。


まつりを支えて来た商店街

バブルの時代(1980年代後半~1990年代初頭)には、100本を超すやらいが祭りを華やかに彩りました。しかし、バブル崩壊~平成不況の時代に入ると、やらいの本数は減少し、また、竹飾りを作り続けてきた商店の後継者問題が祭りの担い手問題にも及ぶようになりました。それでも、この祭りの発祥が商業的なものというより地域の生活文化に根差したものであったことから、地元商店街の方々が祭りを支え続けてくれました。


「見る祭り」から「参加する祭り」へ

七夕祭りの新たな転機となったのは、狭山市駅から七夕祭りの会場に続く西口エリアの再開発でした。これを機に狭山市は「見る祭り」から「参加する祭り」へと、新しい方向性を打ち出しました。祭りは今、花火、阿波踊り、300軒を超える露店など、まさに市の観光行事として発展しつつあります。「参加する祭り」となった七夕祭りには、市内の小・中学生が短冊を書き、市内事業者に加えて市内の介護施設からも「やらい」が出されるようになるなど、新しい参加者層が生まれました。小学生に七夕を理解してもらえるよう、七夕を題材とした紙芝居も作られました。今、祭りの風景の中に、いっそう若々しい年代層が増えて来ています。(取材協力:七夕通り商店街 会長 吉田早苗 様)