nursing_main_txt

ホスピタリティと豊かな人間性を備えた
看護専門職を育成します。

看護学部の教育体系

ホスピタリティと豊かな人間性を備えた看護専門職の育成

ホスピタリティにつつまれた学び自分らしく学ぶ4年間

  1. 1年次

    教養科目を中心に、看護者としての人間性の基礎を育む

    1年次は、幅広い教養と大学生としての基本的な知識を身につけます。さらに看護専門職に必要なホスピタリティについて学び、看護の対象者との関係性を構築するためのコミュニケーション技法、また、これらの知識・技術をもとに、人を身体的・精神的・社会的な側面から全人的に把握する視点を学ぶことで、対象者を生活者として看護の視点で理解する能力を身につけます。

  2. 2年次

    看護の基本となる知識や考え方を使ってその人への看護を導く専門性を養う

    2年次は、1年次に培った看護を学ぶ姿勢を使い、特に保健や健康にかかわる専門基礎科目の学びを深めながら、各専門領域の看護専門科目へと学びを進めます。対象者を身体・精神・社会面から全人的に理解して看護の必要性を判断し、個別的な看護援助を導く思考過程を磨きながら、看護実践能力の柱を鍛えていきます。

  3. 3年次

    ホスピタリティ能力、看護実践能力を臨地実習で伸ばす

    3年次は、母性・小児・成人・老年・精神・在宅(全員履修)と公衆衛生看護学(保健師選択生)の専門領域実習があります。実習を通して、看護の対象を生活者として把握し、的確な判断力と高い倫理観をもって必要な援助を計画し、実践と評価を繰り返します。これらの経験から、看護実践能力と保健医療福祉チーム内での協働と連携について学び、看護専門職としての役割を理解します。

  4. 4年次

    自らの研究テーマを定め、学びを統合。
    卒業後も学び続ける姿勢を身につける

    4年次は、大学生活の集大成。ホスピタリティあふれる看護職者としての第一歩を踏み出すための1年間です。4年次の実習には地域包括ケアシステムを視野に入れた「療養支援看護実習」、自ら選択した看護領域で学習を統合し看護学を追究する「総合実習」があります。また、それらの学びを統合するために卒業研究を行い、同時に卒業後の研究活動の基礎力も養います。

国家試験全員合格に向けた支援国家試験対策

1年次から4年次まで、各学年の学生国家試験対策委員による学年単位での活動を教員がフォローします。
看護学の基礎力を高めるために、主体的な学習習慣の確立から始め、学年進度に応じた学習支援体制を整えています。

合格を引き寄せる3つのポイント

  • ポイント1

    学生の主体的な活動

    各学年の国家試験対策委員が主体となり、自分たちに必要な国家試験対策活動を企画・運営しています。

  • ポイント2

    学生の要望に応じた企画

    学生へのアンケートの結果や要望に応じて、各学年の学習進度にあわせた講習会や学習会の企画を行っています。

  • ポイント3

    国家試験模擬試験の実施

    各学年の学習進度にあわせて学習目標を設定し、模擬試験を企画・運営しています。個々の学生は、自己の知識の定着レベルや弱点を知り、今後の学習計画に役立てることができます。

キャリアサポート

社会人になってからも、自律的に壁を越えていける人間形成を大切にしています。
看護師になるのがゴールではなく、その先の理想の看護師とはどんなものか。
目標を具現化しながら、自信を持って現場へと羽ばたけるよう手厚いサポートを行います。

現場で生きる BUNRI のホスピタリティ

卒業生の声

  • 患者さんに安心を届ける看護を
    ずっと大切にしていきたい。

    私が伝えたいBUNRIの一番の魅力は、サービス経営学部と併設されていること。医療のホスピタリティは、サービス業界のホスピタリティと共通する部分がたくさんあります。患者さんが何を求めているのか、何を伝えたいのかなど、相手が心地よいと感じるコミュニケーションの取り方も学べたので、こうした経験は必ず現場で活きてくると思います。

    聖路加国際病院
    舟山 瑞歩 さん

  • 患者さんに寄り添う中で
    ホスピタリティが活きている。

    大学を探す前に、看護師を目指すことについて、あらためて自問自答してほしいと思います。その想いが強ければ絶対に目標は達成できるはず。授業、実習、国家試験対策など、看護師になるためにはやるべきことがたくさんあります。その中で、BUNRIの先生方、そして学びの環境は、きっとみなさんの夢を力強く後押ししてくれるはずです。

    東京女子医科大学病院
    小林 寛明 さん