WhatsNew

12/11(火) 看護学部と狭山元気大学でコラボレーション授業を開催しました

看護学部2年次必修科目「老年看護支援論」では、高齢者への看護援助について学びます。12/11(火)には高齢者への「アクティビティ・ケア」について、看護学部「老年看護支援論」と狭山元気大学の「健康づくり・介護予防サポーター養成コース」受講生との合同演習授業が行われました。「狭山元気大学」とは、地元狭山市の市民が行政と協働で運営している学びの場です。看護学部生と狭山元気大学受講生が老若男女混成の10グループに分かれ、アクティビティのプログラムや小道具を3週間かけて準備してきました。今日はその発表会でした。

1211_photo4.JPG

上記写真は看護師師役の学生たちが患者役の学生・受講生のアクティビティをリードしている様子です。

看護を学ぶ学生と介護予防を学ぶ市民のみなさんが互いの知識と経験をテーブルに載せて話しあいながらケア・プランをつくり実施する、貴重な経験になりました。