WhatsNew

埼玉県内17大学が参加、高等教育による地域の活性化を目指す「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)」が発足しました

埼玉県の東武東上線沿線及び西武線沿線に所在する17大学は、同地域の各自治体、企業等と連携し、互いに協力して地域社会が抱える諸課題を解決し、高等教育による地域の活性化を目的とした「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム」(Tojo and West Area Universities Platform、以下「TJUP」と称す/代表校:東京電機大学)を、2018年8月1日に発足しました。
TJUPでは今後、履修証明型市民・町民大学の提供や地域産業の活性化などの事業項目を積極的に推進していきます。
<埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)の概要>
■設置の目的
参加する大学・短期大学が、自治体及び企業・団体と連携して、地域の少子高齢化問題の解決及び地域活性化の推進に向けた「多様な高等教育の提供」、「生活しやすい地域づくり」及び「地域産業の活性化」等の活動を柱として当該地域社会の継続的な発展に寄与する。
■事業項目(予定) 本学は②③に参画予定です。
①IPE・IPWプログラム※の発展的展開
②履修証明型市民・町民大学の提供
③生活しやすい地域づくりの推進
④地域産業の活性化
※ IPE=Inter-Professional Education(専門職連携教育), IPW= Inter-Professional Work(多職種連携)
■TJUP参加大学:17大学・短期大学 (五十音順)
埼玉医科大学、埼玉医科大学短期大学、城西大学、城西大学短期大学、女子栄養大学、駿河台大学、西武文理大学、大東文化大学、東京家政大学、東京電機大学、東邦音楽大学、日本医療科学大学、日本工業大学、武蔵丘短期大学、明海大学、山村学園短期大学、立正大学 (オブザーバー)埼玉県立大学


TJUP_440x116.png