WhatsNew

狭山元気大学の授業が今年も始まりました。

5月9日(木)、本学を会場とした「狭山元気大学/健康づくり・介護予防サポーター養成コース」の授業が始まりました。

狭山元気大学は、これからの地域社会を行政と協働で担っていく人材育成と、学びの成果を地域で活かす仕組みづくりを目的に、狭山市と市民の協働により開校されました。受講生(市民の皆様)を本学にお迎えするのは今年で4年目となります。

5月から12月にかけ、サービス経営と看護、両学部の教員が授業を9回担当します。
写真は、同コースの監修を担当したサービス経営学部安田節之准教授による、「健康づくり・介護予防基礎論」の授業の様子です。


130509_sayama.jpg