WhatsNew

「患者学」の授業で講演していただいた猪鼻様の記事が、「朝日新聞2018.05.22 認知症と生きる」の欄に掲載されました

 猪鼻様には認知症の当事者として、昨年1年生後期に開講された「患者学」の授業でお話をしていただきました。学生は、当事者の体験の語りが患者自身にとっても看護者にとっても意味のあることと気づいたり、さまざまな思いに触れながら看護者として相手の立場に立って感じ考える重要性を気づかされる機会になりました。また今年も授業でお会いできるのを楽しみにしています。

 

180522-11.jpg

 

朝日新聞 2018.05.22 認知症と生きる11会話の際は「先回り控えて」/承諾書番号(18-3006)
※朝日新聞社に無断で転載することを禁止します