WhatsNew

「人間と音楽」の授業で音楽ボランティアを実施しました。

7月13日(土)および7月20日(土)、看護学部1年次前期の開講科目「人間と音楽」において、実際に医療・福祉施設に訪問し、音楽ボランディアを実施しました。

学生たちは授業の中で、音楽が医療の現場でも癒しのひとつであること、コミュニケーションの手段であることを学び、今回の音楽ボランティアで実践しました。利用者さんとのふれあいを通して、看護職をめざす、ということの意味や意義を学ぶ貴重な機会にもなりました。

130720_vol.jpg 130720_vol0.jpg 130720_vol1.jpg