WhatsNew

北陸新幹線飯山駅にて訪日外国人観光ニーズ調査の調査員として活動しました!

2月5日から3日間、本学が基本協定を結んでいる長野県飯山市にある信州いいやま観光局が実施した外国人観光客のニーズ調査に、サービス経営学部の学生2名が調査員として参加しました。飯山は年間を通して外国人旅行客が多く、特に冬のシーズンは海外から大勢の方がスキー等を楽しみに来られます。飯山駅構内の観光案内所でアンケート調査を行い、旅行の目的やスキー場での印象などについて英語でコミュニケーションをとりながら回答してもらいました。

 

駅を利用する外国人観光客に対して調査を実施.jpg

駅を利用する外国人観光客に対して調査を実施