HOME > What's New > 文部科学省 平成21年度 大学教育・学生支援推進事業 【テーマB】学生支援推進プログラム選定のお知らせ
What's New

2009.07.07
文部科学省 平成21年度 大学教育・学生支援推進事業 【テーマB】学生支援推進プログラム選定のお知らせ
文部科学省 平成21年度 大学教育・学生支援推進事業 
【テーマB】学生支援推進プログラム選定のお知らせ

 このたび西武文理大学は、文部科学省が公募した「平成21年度大学教育・学生支援推進事業」の「学生支援推進プログラム(就職支援の強化など総合的な学生支援)」(*)に選定されました。
 
同プログラムは、「大学等における学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国の高等教育の質保証の強化に資すること」を目的として文部科学省が平成21年度から公募している事業であり、本学はその第1回目の選定校となります。

 このたびのプロジェクト選定にあたり、本学の研究・教育活動へのご支援・ご協力に対して、関係各位の皆様方に改めて感謝申し上げるとともに、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げる次第です。

【プロジェクトの名称】
教育の質を担保する「学習・キャリア支援センター」の設立と運営(平成21〜23年度)

【プロジェクトの概要】
 本学で導入している「ケースメソッド教育」(**)のディスカッション運営において、問題発見・解決能力、自己表現力が不可欠である。しかし、基礎学力や論理的思考力などに課題を抱え、本学の教育理念に則った教育の質の保証に課題を抱える学生も存在する。このような学生の課題を解決するために、学習・キャリア支援体制を構築する。その仕組みとして「学習・キャリア支援センター」を設置・運営し、同センター内に配置されたアカデミック・アドバイザーが当該学生に対して個別・少人数制でリメディアル教育を実施する。学習・キャリア支援の適切な進行、学生に基礎学力・論理的思考力が醸成されたのかを確認するために、支援状況を記録に残し、基礎学力テストや面談、ディスカッション課題を当該学生に課す。その際、継続して滋養すべき課題が明らかとなった場合には、その課題を学生に示し、学習支援を継続する。リメディアル教育の効果は、半期に1度、確認する。

【お問い合わせ】取組担当者 サービス経営学科教授 高瀬 浩 TEL 04-2954-7575

(*) 文部科学省 「大学教育・学生支援推進事業」には、「大学教育推進プログラム」(テーマA)と、「学生支援推進プログラム」(テーマB)の2領域があり、本学が選定されたのは、テーマBとなります。
日本学生支援機構のページ  
http://www.jasso.go.jp/sien_suishinpro/sien_suishinpro.html

(**)ケースメソッド教育
本学サービス経営学部は、文部科学省「平成21年度 研究拠点形成費等補助金(産学連携による実践型人材育成事業−サービス・イノベーション人材−)」(旧「イノベーション・人材育成推進プログラム」)事業を受託しています。この事業をとおして、本学ではサービス現場の革新(イノベーション)に不可欠な「分析力・判断力・構想力」を育成するために有効な教育的手法として「ケースメソッド教育」を実施しています。同時に、企業等事例をディスカッション用に再構成した「ケース教材」の開発も行っています。学士課程としては先駆的な取組として、国内外からの高い関心をいただいています。
本学「サービス・イノベーション人材育成推進プログラム」のページ
http://www.bunri-c.ac.jp/univ/sip/index.html


関連リンク