HOME > What's New > ホスピバル特別講演会・田川博己JTB社長による「旅の力で日本を元気にしよう!」を開催しました
What's New

2011.11.06
ホスピバル特別講演会・田川博己JTB社長による「旅の力で日本を元気にしよう!」を開催しました
11月5、6日の両日開催された学園祭・ホスピバルの初日の5日、日本を代表する旅行会社であるJTBの代表取締役社長、田川博己氏(たがわひろみ)をお迎えし、特別講演会を開催しました。

講演会場となった2号館216教室は、地域の住民の皆さまや、地域の観光関係者、本学学生、卒業生などでいっぱいになり、サテライトの教室も使用され、250名を超える方々が講演に耳を傾けました。
講演のテーマは、「旅の力で日本を元気にしよう!」で、今日本の抱える課題の解決策を観光の切り口から提起されました。最初に、ツーリズム産業の概要や、東日本震災後のツーリズム産業を取り巻く環境を分かりやすく解説し、日本を元気にする「旅の力」について、具体的な事例をもとに語っていただきました。
文化の力、交流の力、健康の力、教育の力、そして経済の力と、旅には5つの力があるとし、その力によって、まず地域を元気にすることが今一番大切であると、さらに、日本の観光の宝は世界に誇れるホスピタリティであり、それはどの国にも負けないものだとも、熱く語られました。また、学生に対しては、与えられたものしかできない「稲刈り人」から、新しい発想をもった「開墾人」になって欲しいと、エールが送られました。
講演終了後も、参加者から出されるさまざまな質問に、ツーリズム産業界のトップとして、旅好きなひとりとして、豊かな経験をもとに丁寧に答えていただきました。 今、日本が、地域が元気にならなくてはならない状況の中で、旅のもつパワーを考えるきっかけとなる、とても興味深い講演会でした。