WhatsNew

茶園事業者の方をお招きし、2回目の狭山茶勉強会を開催しました。

1/21(火) 地元狭山市にて茶園事業を営まれている(有)宮野園より宮野部長をお招きし、本学のオリーブ館にて狭山茶に関する勉強会を行いました。当日はヒューマンサービスセンターの狭山茶活性化プロジェクトに参画しているサービス経営学部の学生や金澤ゼミ生など合計29名が参加しました。2013年9月に引き続き第2回目の勉強会で、狭山茶の活性化活動(商品企画など)を進めていくにあたり、より深いお茶に関する知識の必要性を感じた学生たちに対して、宮野園様が快くご指導を引き受けてくださり、実現できたものです。

当日は、以下のような内容を学びました。
(1)検茶(22種類の茶葉を飲み比べ)
(2)石臼を使って茶葉を挽く「抹茶」作り
(3)抹茶の試飲
(4)お茶作り(乾燥と手揉み)

検茶はいわゆるお茶の飲み比べで、22種類の茶葉を対象にクイズ形式で行いました。お茶作りは、摘んで冷凍していた茶葉を、ホットプレートを使って乾燥させ手揉みを行い学生たち自身で飲める状態にまでするというもので、実際の茶の製造工程を学べました。

学生たちはこの勉強会を通して、お茶の美味しさ、奥深さをあらためて知ることができたようです。今後もこの活動を積極的に推進し、活性化へ貢献できるよう努力したいと思っております。また今回は、宮野様より茶葉や茶菓子を、無償でご提供いただきました。あらためてこの場を借りて御礼申し上げます。

 

140122photo1.jpg 140122photo2.jpg