当サイトは横向き表示には対応しておりません。
スマートフォンを縦向きにしてご覧ください。

イメージ動画イメージ動画
イメージ動画
目指すあなたの姿目指すあなたの姿

強く、しなやかに、
人々に寄り添える看護専門職へ

看護は、人を身体的、精神的、社会的存在として全人的に捉え、その人の日常の細々とした生活行動の一つひとつを整えることにより、人間が本来もっている自然治癒力が十分に発揮できる状態を創り出し、ひいてはその人の生活を支え、生きる力を強めていくことを目的とする活動です。このような看護を実践するためには、人間とその健康を多面的に捉える専門的な知識と技術を学ぶとともに、その人にしっかりと寄り添い、その人の声に耳を傾け、その人の心の在り方を感じ取る力を養う必要があります。人々が健やかに生きて、生活することを支える看護職こそ、保健医療の最前線に立ち、その力を発揮することが求められています。

学びのスタイル学びのスタイル

看護のプロフェッショナルを育成する

  1. STYLE1
    ホスピタリティを育む

    他者に関心を寄せ、相手との信頼関係を形成する能力や人の心の在り方を感じ取る能力を育みます。講義や演習だけでなく、大学生活での経験も大切にしながら、学生個々がホスピタリティについて深く考えられる機会と環境をつくるようにしています。

  2. STYLE2
    日常生活行動を支援する能力を育む

    講義や演習、臨地での実習を通して、対象者を生活者として全人的に捉えるための知識や技術を学びます。さらに、さまざまな健康レベルにある対象者の日常生活行動の支援を安全、安楽、自立・自律性に配慮しながら実施することも学びます。

  3. STYLE3
    看護実践能力を育む

    看護実践能力とは、看護の対象となる人と援助関係を形成し、高い倫理観に基づいて、多側面から対象者を捉え、健康問題を的確に判断し、必要な看護援助を多職種と協働しながら実践することのできる能力を指します。4年間の講義や演習、実習を通してこの能力を高めていきます。

  4. STYLE4
    看護を探究する姿勢と力を育む

    4年間を通して、主体的に学び、物事を追究する姿勢を身につけます。4年次に取り組む卒業研究では、4年間の学びを総動員しながら、自らの疑問点や課題を深く追求することにより、看護ケアの持つ意味と可能性に気づき、専門職として自己研鑽する姿勢と力を発展させます。

BUNRIのキャリア支援BUNRIのキャリア支援

看護職者としてのキャリアを描く4年間

  1. 1
    夢を叶えるために、
    今必要なことを見極める

    看護学部で学ぶべきこととその意味を知り、自分に必要な事柄と、それをどのように育んでいけば良いのかを学生が主体性をもって考え取り組みます。

  2. 2
    自分がめざす世界を知る

    看護専門職が活躍する実際を知ることで、自分の中に広がる無限の可能性の中から、進みたい方向、チャレンジしたい分野を見つけます。

  3. 3
    夢を手の中におさめるために
    必要な方略を見つける

    具体的な進路を探し、自分のキャリアの第一歩にふさわしいマッチングの成功のために、キャリアサポートセンターの支援も受けて就職対策に取り組みます。

2022年度入学者選抜2022年度入学者選抜

あなたにピッタリの
選抜方法を見つけよう!

page top