Need Help?

世界に通じるホスピタリティを学ぶ

feature 学部の特色

卒業研究

自らが興味・関心をもつ看護学領域を選択し、自分自身の研究テーマをしぼり、1年を通じて指導教員とともに研究計画書の作成、研究の実施、論文作成、研究成果の発表といった研究プロセスを学びます。

2020年度卒業研究テーマ

優秀論文

  1. 患者の心理的プロセスから導く思いを尊重した関わり
    -手記『認められぬ病』を手掛かりにして-
  2. SDGs目標達成に向けた母子保健分野の途上国支援の在り方
    -日本の途上国に対する支援内容の文献検討-
  3.  
  4. 後期高齢者の食に対する思い
    -本人の意思を尊重した食への援助に手がかりを求めて-
  5. 小児がんを抱えて最後まで生を全うする子どもと家族を全人的に支える看護とは
    -手記から子どもと家族の思いを分析して
  6. 介護予防・健康寿命延命に向けた効果的な事業展開についての事例研究
    -より多くの地域高齢者への介護予防の介入に向けて-
  7. メンタルヘルス問題を抱えた母親と被虐待児の実態についての文献検討
    -地域における母子に必要な支援とは-

主な各領域のテーマ

基礎看護学
  1. 機能性便秘に対する温罨法の効果的な方法に関する文献研究
  2. II型糖尿病患者の食事療法を促進、阻害していく要因について
    -糖尿病の療養の過程を記した3冊の手記を通して-
老年看護学
  1. 高齢者終末期患者の心理と家族や看護師への希望
  2. 認知症のある男性高齢者を介護する配偶者の経験
母性看護学
  1. 高齢初産婦の母親役割獲得のプロセスに関する研究 -文献検討-
  2. 文献検討から見えたNICUの面会体制と今後の課題
精神看護学
  1. 精神科病院に長期入院している統合失調症患者の退院への思い
  2. 「多飲症」「水中毒」患者の看護実践に関する文献検討
    -1989年から2018年に発表された研究文献にみる看護ケアの動向-
小児看護学
  1. 小児がん患児の復学に伴う不安
  2. 10代で出産した母親の育児問題と課題に関する文献検討
在宅看護学
  1. 看護師が自身の家族を介護する上での介護の思い
  2. 在宅における高齢者虐待を未然に防ぐための対応について
成人看護学
  1. がん患者の家族が看護師に求めるものとその背景
  2. 終末期の患者が死の受容過程で至る悟りについての文献検討
公衆衛生看護学
  1. 地域在住高齢者の主観的健康感に影響を及ぼす要因と看護職の支援
  2. 青年期の生活習慣の違いにおけるメタボリックシンドローム発症との関連

卒業研究の流れ

3年次

● 研究領域の選定
専門領域での実習を通して、各看護領域への興味・関心を見つめなおし、自己の研究課題について考えます。

● 仮テーマの決定と領域選択
専門領域での実習を通して考察できた自己の研究課題から、先行研究などを参考に仮テーマを決定します。仮テーマに沿った領域を自らが選択します。


4年次[前期]

● 領域の決定と看護研究方法の受講
領域の決定を受け、看護研究のプロセスと方法を学ぶために講義を受講します。

● 文献検索
研究テーマをしぼり込み、研究計画書を作成するために、文献を集め、読み込みます。

● 研究計画書の作成
研究が実施できるように、自らが研究計画書を作成し、指導教員からの指導を受けながら完成させます。


4年次[後期]

● 研究の実施
研究計画書にある研究方法に沿って研究を実施し、データを収集します。調査方法によっては倫理審査を受けます。

● 卒業論文の作成
収集したデータをまとめて分析し、結果を踏まえて考察を行いながら、卒業論文を作成します。作成にあたっては指導教員が支援します。

● 卒業研究成果発表
卒業研究でまとめた内容を互いに発表し、意見交換を行います。研究プロセスの振り返りを行います。

● 卒業論文の完成
卒業研究の全員の成果が、卒業研究論文要旨集として、学生の手元に渡ります。

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL04-2954-7575(代表)

BUNRI SNS
Topへ戻る