Need Help?

世界に通じるホスピタリティを学ぶ

Hospitality and Professionalism

BUNRIで身につくのは、
ホスピタリティを基盤にした真のプロフェッショナリズム

看護を探究する姿勢と能力を育む

4年間を通して、看護を主体的に学び続ける姿勢を育みます。
また、卒業研究では、学問を追究する方法や、現在の看護実践への課題とそれに対する取り組みなどを考えていくことで、看護を探究する能力を養います。

ホスピタリティ力を育む

相手との信頼関係を形成する能力や人の心の在り方を感じ取る能力、すなわち「ホスピタリティ力」を育みます。講義や演習だけでなく、大学生活での経験も大切にしながら、学生個々がホスピタリティについて深く考えられる機会と環境をつくるようにしています。

看護実践能力を育む

看護実践能力とは、対象者を多側面から捉え健康状態を的確に判断する能力、対象者の抱える健康上の問題に対してチームで協働する能力、高い倫理観を指します。講義、演習、実習を通してこれらを身につけていきます。

日常生活行動を支援する能力を育む

講義や演習、臨地での実習を通して、対象者を生活者として全人的に捉えるための知識や技術を学びます。さらに、さまざまな健康レベルにある対象者の日常生活行動の支援を安全、安楽、自立・自律性に配慮しながら実施することも学びます。

看護の対象となる人に寄り添い、その人の心の在り方を感じ取る能力をホスピタリティ教育で身につけ、看護専門職としての知識と技術を習得します。

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL04-2954-7575(代表)

BUNRI SNS
Topへ戻る