1. HOME
  2. 学部・教員紹介
  3. サービス経営学部

サービス経営学部

学部紹介

サービス経営学部 4年間の学び

1年次

ホスピタリティやコミュニケーションを少しづつ身につけ、体験・実習を通して協調性を育みます。

2年次

2年次から学科・コースに分かれ、コースごとの基礎知識を身につけ、それを現場で実践します。

3年次

コースごとで身につけた知識を体験・実習を通して、実践と理論を結びつけます。

4年次

卒業研究を通して、4年間の学修を統合し、実践的なものにまとめます。

学部学科紹介

サービス経営学科

サービス経営学科

学科の特色はこちらからご覧いただけます。

健康福祉マネジメント学科

健康福祉マネジメント学科

学科の特色はこちらからご覧いただけます。

カリキュラム

カリキュラム

サービス経営学部の各学年におけるカリキュラムはこちらからご覧いただけます。

ゼミナール紹介

ゼミナール紹介

サービス経営学部のゼミナール紹介はこちらからご覧いただけます。

学部長メッセージ

サービス経営学部学部長・教授_高瀬浩

サービス経営学部学部長・教授
高瀬 浩

一番輝ける自分と出会える環境がここにはある。

サービス経営学部は、日本で初めて「サービス経営学」を教育・研究する大学として1999年に誕生しました。
本学部では、2年次から5つのコース・12のサブコースを設けサービス経営学の基本を学びつつ、それぞれの分野で社会の期待に応えられるように、多くの体験実習科目・ゼミナールによって自らが考え行動する力、仲間と協働して新たな価値を生み出す力を育てています。
本学部での4年間でサービス経営学を大いに学び、大きな成長を遂げ、未来に向かって輝き羽ばたいてください。

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

サービス経営学部の教育目的は、21世紀型の「豊かな人間性を持つ、実践的で柔軟な職業人の育成」です。21世紀のグローバルソサエティにおいては、世界と向き合い、生涯にわたって学び続け、協働してより良い社会をつくっていけるアクティブな人材の育成が求められています。

サービス経営学部では、ホスピタリティ教育を基盤として、こうした21世紀のグローバルソサエティに対応できるアクティブなサービス人材を育成するために、次のような人材を求めています。

  1. 物事に主体的かつ積極的に取り組む姿勢を持つ人
  2. 他者と協働して協調的に学ぶ姿勢を持つ人
  3. さまざま立場の意見を受け入れ、社会に貢献する姿勢を持つ人
  4. サービス経営学を学ぶ上で、必要な基礎学力と論理的な思考力を持つ人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

サービス経営学部では、サービス経営学の学修を通じて、豊かな人間性を持つ、実践的で柔軟な職業人を育成することを目的としています。こうした教育目的を実現するために次のような方針に沿ってカリキュラムを編成しています。

  1. 豊かな人間性を育む総合教育を基礎として、実践性と柔軟な思考力につながる専門教育を積み上げ、キャリア教育と習(ゼミナール)により学びの統合を図るカリキュラムを構築する。
  2. 総合教育では教養教育を、社会理解、人間理解、環境理解、体育・健康理解、ホスピタリティとコミュニケーション理解として理解領域別に分類し、加えて大学での学修の基礎となるアカデミック・スキルにより学修を支援する。
  3. 実践的で柔軟な専門性を修得することを支援することを目的として、2年次からの学科選択に合わせ、サービス経営学科では専門科目を、専門基幹科目と3つの専門コース科目群(「ホスピタリティ・ツーリズムコース科目群」、「サービス・マネジメントコース科目群」、「グローバル経済コース科目群」)に分類し、健康福祉マネジメント学科では、専門基幹科目と2つの専門コース科目群(「社会福祉コース科目群」、「健康サービスコース科目群」)に分類する。これは、学生が専門への関心にしたがった系統的な履修を支援することを目的とする。
  4. 社会的・職業的自立に向けた基盤となるキャリア教育としてのキャリア開発を1年次からの必修に加え、さらに経験値をあげるために体験・実習科目を選択必修とすることによってアクティブな人材を育成する。体験・実習科目は、総合教育や専門教育などの講義で培った知識やスキルと体験による総合的な学修経験を得る。
  5. 学修を段階的に統合するために2年次より演習(ゼミナール)を設置する。演習(ゼミナール)はコースに対応した「ホスピタリティ・ツーリズム」、「サービス・マネジメント」、「グローバル経済」、「社会福祉」、「健康サービス」の5分野を準備し、4年次の卒業研究で4年間の学修の統合として創造的な思考力の育成を目指す。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

サービス経営学部では、所定の期間在学したうえで、卒業要件となる単位を修得し、以下の能力を有する者に「学士(サービス経営)」の学位を授与します。

  1. 知識・理解・・・サービス経営学の学問内容及び方法を理解する。
  2. 汎用的技能・・・学んだことや考察した結果を適切な手段によって適切に表現することができる。
  3. 態度・志向性・・・学問の論理や体系に関心を持つとともに、学問的な見方や考え方の良さを認識し、それらを事象の考察や実践に積極的に活用しようとする。
  4. 総合的な学修経験と創造的思考力・・・
    ①サービスに関する多様な課題を発見し、問題を解決する能力等の思考力を身につける。
    ②社会の変化に対応できる力を身につけ、生涯に渡る自らのキャリア形成を含め、人生の目標に向かって努力実践できる。
JIJEE
Active Academy Advsnce